作業 | garageFK

EF8 CR-X 異音点検とオイル漏れ修理!!

ガラガラ音が発生中のCR-X。

音はエンジン側からしております。

そっちの点検の前に、オイル漏れの修理から掛かります。

スプールバルブとサーキュラーからですね。

お次は異音の原因を探ります。

パワステとエアコンのベルトを、順番に外していきます。

パワステベルトを外した状態でも音は変わらず。

次にエアコンベルトを外して、プーリーを確認。

原因はコンプレッサーの方でした。

手で回してもわかるくらいのガタガタ状態。

コンプレッサーをリビルトに交換して、元に戻してエンジン始動!!

異音は無くなりました♪

DC2 インテグラタイプR 燃料タンク交換!!

エンジン掛からずでご入庫のDC2。

燃料ポンプが動いてない状態でした。リレーはちゃんと動いてます。

外したポンプを見ると、錆びまみれ。

そしてタンクの中も錆びが溜まってました。

ポンプステーも。

タンクは程度の良い中古に交換。

と言っても外装は錆びてますので、塗装してキレイに。

中はなかなか♪

乗っけて漏れ確認して、完成です♪

EG6 シビック パワステオイル漏れ修理!!

EG6のパワステフルード漏れの修理です。

漏れていた箇所は、前面の配管ホース。

ここを交換します。

お次はファンが回らないの点検です。

まずこの怪しい配線を直します。

結果は、ファンスイッチそのものがダメでした!!

サーモスタットと一緒に交換します。

交換後は、しっかりとファンが回ってくれました♪

LA400K コペン チェーンカバー交換!!

コペンのKFエンジンで、チェーンカバーの交換です。

なぜチェーンカバーを交換するのか?

その答えはコチラ!!

オイルエレメントの所に、サンドイッチブロックを挟んでたんですが、

センターボルトが根元からポキっと折れてしまったと!!

アルミ一体型になってますので、チェーンカバーASSY交換となりました!!

付属部品を取り外して、外せるかと思いきや外れず。

どうやらオイルパンも外さないといけないようです。

オイルパンを外したら、ストレーナーがこんな位置に。

これは外せませんね。

カバーを取り付ける前に、各部のコーキングをきれいに落とします。

新しく液体パッキンを塗って装着!!

一日乾燥させて、エンジンオイルとクーラントを入れて、

漏れ確認して完成です♪

CL7 アコードユーロR セルモーター交換&ウォーターポンプ交換!!

CL7のセルモーターを交換します。

K型のセルモーターはインマニの下にいますので、取りずらいです。

リビルトのセルモーターに交換!!

一緒にノックセンサーも交換です!!

次はウォーターポンプを交換します。

ガラガラ音が出ているため、完全ブローする前に交換となりました。

交換後はクーラントを入れてエア抜き作業。

漏れも確認して完成です♪