FD2 | garageFK

FD2  シビックタイプR ミッションオーバーホール④

ミッションが完成しましたFD2。

同時にハーフシャフトのベアリング交換も行います。

そしてクラッチも交換。

SPOONスポーツクラッチです。

油圧系も一緒に交換します。

準備が出来たので、ミッションを搭載します!!

始動して動作確認後、試走してチェック!!

ギヤの入りも問題なく、オイル漏れも大丈夫♪

完成です♪

FD2  シビックタイプR ミッションオーバーホール③

さて、まずはケース内から洗浄です。

見ていくと、やはり破片がいくつか残ってます。

ベアリングは外して新品に交換。

ここのブーツも古くなると、よく切れてます。

今回はLSDも交換します。

OS技研のスーパーロックLSD!!

クリアランスを合わせます。

次はギヤをばらして、部品交換と洗浄を行います。

洗浄後、組み付け。

FD2の3-4シンクロは、このようにカーボン材となってます。

5-6シンクロもカーボンです。

各部品の準備が出来たら、組み立てていきます!!

ミッションを載せる前に、まだ交換するところがあります!!

FD2  シビックタイプR ミッションオーバーホール②

降ろしたFD2のミッションを、開けて中を確認していきます!!

ぱっと見は問題なさそうですが、磁石に壊れたパーツが張り付いてました。

見ていくと、4速シンクロキーのリングがいませんでした。

磁石に張り付いてたのはコレですね。

こちら3速側。

通常はこのように、リングがいます。

シンクロハブとスリーブもガリガリでした。

これではギヤの入りは悪くなりますね。

原因が分かりましたので、各部品の洗浄と交換を行っていきます!!

FD2  シビックタイプR ヘッドカバーパッキン交換!!

オイル漏れが発生してるFD2。

下回りは結構汚れてる状態です。

ヘッドカバー辺りから垂れてる跡が、かなりありましたので、

カバーパッキンを交換します!!

まずカウルトップを外します。

カバーを外す前に、カバー廻りと下廻りをきれいに洗っておきます♪

準備が出来たら、カバーを外します。

キレイにしたら、新品パッキンを取り付け。

カウルの鉄板は錆びてたので、塗っておきます。

外した部品を戻して、完成です♪

 

FD2 シビックタイプR ラジエーター交換!!

FD2のラジエーターを交換します!!

ノーマルからアルミラジエーターになります♪

まずラジエーターとホースを外します。

 

ラジエーターと一緒に交換しておきたい、サーモスタット。

こちらも交換します。

ラジエーターを外さずに交換しようとすると、かなり大変なところです。

新品を付ける前に、水を流して洗浄。

ラジエーターは耐熱塗装で赤くなってます!!

ホースも赤いです♪

サーモスタットを付けたら、ラジエーターも取り付けます。

コアサポート上部を付けようとしたら、なんか付かない。

ラジエーターの厚みが若干増しているからか、コアサポートに干渉してしまいます。

コアサポート側に手を加えて、当たりそうな部分にクッションを付けておきます。

しっかりと付きました。

今度はここを付けようと思ったら、届かない。

ホースが若干長いので、合わないみたいですね。

ロアホースも同じく長く、ファンシュラウドに当たりっぱなし状態。

これをカットして、長さを合わせます。

取り付けが完了したら、クーラントを入れてエア抜きして、

漏れチェックして完成です♪

FD2 シビックタイプR 追加メーター取り付け②

さて、メーターの取り付けが終わりましたので、

各センサーユニットを取り付けていきます!!

配線を通すところが奥まってて、大変見ずらいのと手が届きません。

まずエアクリーナーBOXを外し、センサー配線3本を車内に引きます。

水温センサーアダプターを取り付け。

こちらは難なく取り付け終了。

さあ、問題はサンドイッチブロックの取り付けです。

下から覗くと、メンバーやマウントで見えず。

裏から見ると、ステアリングラックが立ちはだかります。

FD2のオイルエレメントは、ドラシャが通るところの、

ごく僅かの隙間から触れます。

が、そんな狭い状態で格闘しても、時間はかかるしミスしやすくなります。

そこで潔くドラシャを外します。

そうすると、このように広々!!

エレメントも取り外しラクラク♪

サンドイッチブロックにセンサーを付けて、エンジンに取り付けます。

センサーの配線をしっかり固定して、外したドラシャを戻します。

各センサーの配線の固定を終えたら、抜いたクーラントを戻して、

エア抜きをしながら、漏れが無いか確認。

メーターもバッチリ動いてます!!

あとは車内の配線をまとめて、完成です♪

FD2 シビックタイプR 追加メーター取り付け①

 

FD2に追加メーターを取り付けます。

今回は3連メーターなのですが、メーターフードを交換して、

そこに取りつけます。

ちなみに、FD2のメーター取り付けは結構大変です。

それでは、いってみましょう!!

まずメーターを傷つけないようマスキング。

何回も付けて外してしますので。

次に社外のメーターフードに、仮で取り付け。

ここで取付説明書には、メーターに合わせて加工が必要と書いてあります。

この場合は、そのままでは入りませんという事ですね♪

案の定入りません。

少しずつ削って、穴を広げていきます。

元々がきれいな真円ではないため、かなり難しい。

ようやく入りました。

残り2か所も、同じように。

穴を広げすぎると、走行中にメーターが飛び出る恐れがあるので、

慎重に合わせます。

次に配線加工。

Defiのリンクメーターですので、メーター同士が配線で繋がってます。

ただ、右側と左側のメーター間が離れており、

配線が届きませんので、これを延長します。

こんな感じです。

お次はコントロールユニットの電源線の接続と、コントローラー・メーター配線を、

それぞれ通していきます。

ナビ裏から電源やイルミを。

コントローラーとメーター配線は、それぞれの位置まで通しておきます。

コントロールユニットは、グローブボックスの位置で。

一旦メーターを接続して、動作を確認。

問題ないので、追加メーターパネルを取り付け。

ここの取り付けもまた大変でした。

外したパネルを元に戻して、キーON!!

なかなかのカッコよさ!!

位置的にも見やすいですし、配線も見えなくてスッキリしてます♪

後は各センサーを取り付ければ完成ですが、これもまた大変なのです!!

続きます!!