ガレージFKブログ

DC2 インテグラタイプR MTオーバーホール その2

さて、降ろしたミッションを開けていきます。

どうなっているのか?

オーナー様が定期的にオイル交換をされているからか、

とてもキレイです♪

1-2シンクロはバックに入れるときにかみ合うのですが、

そこが痛そうになってました。

ここはメインシャフトが刺さるケース側のベアリングです。

奥にオイルが漏れないようオイルシールがいるのですが、

そこからオイルが漏れた跡がありました。

ここからオイルが漏れてしまうと、クラッチハウジング内にオイルが出てきてしまいます。

外した部品はすべて洗浄して、チェックしていきます。

今回使う予定の新品部品!!

ただいま待機中♪

続きます

DC2 インテグラタイプR MTオーバーホール

MTオーバーホールでお預かりしたDC2タイプR。

今回はオイル漏れもひどいので、

そちらも修理します。

とりあえず、このケースを外してみると

結構オイルが溜まってました。

現状把握の為、とりあえずミッション降ろします。

予想はしてましたが、かなり汚れが(汗

クラッチも確認のために外します。

おっと、クラッチもかなり摩耗が進んでます。

フライホイールも当たりが痛そうです。

そして、オイル漏れを起こしているオイルパンは、

パッキン交換をするので、外します。

その時に発見してしまいました、オイル漏れの原因。

古いオイルパンパッキンのカラーが残っていました。

これが挟まっていたので、オイル漏れを起こしていたのです!!

お次はミッション内部をチェックしていきます!!

S15 シルビア LSD装着

S15シルビアに、LSDを組みます!!

あっという間に降りました♪

今回の車両はターボ車ですので、純正ヘリカルが入っております。

それを、毎度お馴染みのクスコLSDタイプRSに交換です!!

デフを組んだら、乗っけるのもあっという間でした♪

続いては、マフラー交換です。

純正マフラーから、フジツボRM-01Aに交換です♪

シビックのマフラーを見慣れているからか、すごーく太く見えます!!

実際も太いのですが!!

W463 ベンツGクラス ワイパー修理

突如ワイパーが動かなくなったGクラス。

色々点検してみると、どうやらモーターは動いてる。

リンケージが外れたのかな?

ところで、この車はどこにいるんだ?ダッシュボードの裏?

とりあえずメーターの裏側を見る。いないな。

じゃあ下かな?

うーん、見えない。

モーター動かして、音を頼りに探すと。

いたー!!

太い配線の束を除けて、さらに奥にいました。

ナットが緩んでリンクが外れただけみたいですので、

緩み止めを塗って取り付けます。

バッチリ動くようになりました!!

しかしこりゃあ大変なとこについてますね。

もし部品交換となったらどうなるんでしょう!?

ダッシュボード外しですかね(汗

EF8 CR-X ガラスコーティング

磨き終えたCR-Xに、ガラスコーティングを施工していきます。

当店で使用しているのは、G‘ZOXガラスコーティングです♪

ピカピカに仕上がりました!!

施工後は24時間乾燥させます。

乾燥待ちの間に、オイル漏れしているヘッドカバーのパッキンを交換します。

プラグホールの中にまでオイルが入ってました(汗

プラグホールの中をきれいにしてから、カバーを外します。

新品パッキンを付けたら、かどかどに液体ガスケットを塗って

装着!!こちらも乾燥待ちです。

SK82V ボンゴ サーモスタット交換

大変だと言われている?ボンゴのサーモスタット交換です。

まず、

囲まれすぎて触れません!!

EGRと、パージバルブ?を外していきます。

ようやく見えました。

今度はブラケットが邪魔で取れません!!

で、色々やって何とか外れました。

古いサーモスタットとパッキンを外して、

新品のサーモスタットとパッキンを取り付けて

クーラントを入れた後にエア抜きして、完成です!!

EF8 CR-X ガラスコート施工

の前に、磨きの作業です。

まずヘッドライト

左右ともに、若干の黄ばみと表面の剥げが気になります。

これをまずキレイにやすります。

均一に、少しずつやすっていきます。

その後、磨くと光ります♪

お次はボンネット。

一番ウォータースポットにやられてます。

 

クリアが無くならないように、少しずつやすります。

やりすぎると色が出てきてしまうので、要注意です!!

やすった後磨いて、状態を確認。

まだイケそうなら、再度やすります。

そんな感じで、完成です♪

お店の天井までまるわかり♪

しかし半端ない。

まだボディ側の磨きも終わってないのに(汗

頑張って仕上げていきます!!

EK9 シビック 燃料ライン洗浄

前回の燃料タンクを洗浄したEK9。

お次は燃料の各ラインを洗浄していきます。

まず、エンジンルーム内にある燃料フィルターから見ます。

出てくる出てくる!!

さすがフィルター、すんごい溜まってる♪

ここもすり抜けるなんて、ほんとやめて欲しいです(汗

お次はタンクからフィルターまでのパイプ。

左側でUターンしてるのがそれです。

お次はインジェクターとデリバリーパイプ。

最後に燃料ポンプ交換です。

右のカップにうけた茶色いのが、燃料ポンプ内から出て来ました。

ハイオクの色じゃないよ!?

インマニもきれいに♪

EK9 シビック 燃料タンク降ろし

先日からお預かり中のEK9。

エンジンが掛からなくなった原因は分かったのですが!!

ですが、なぜそーなるかが謎でした。

で、よーく見て見ると燃料を吹いてる辺り。

インジェクターから吸気ポートにネバネバしたものが!!

??なにこれ??

そこで、燃料ポンプを外して中を見てみると、なんか底にいっぱいいる!?

ちょろっと抜いてみました!!

なに??このアメーバみたいのは??

どうやらこれが悪さしてるっぽい。

ので、タンクを降ろして洗浄です!!

洗浄中♪

洗浄後はしっかり乾燥させます!!

エンジンのヘッドも、ばらして洗浄します。

続く