FIT3 レースカー

FIT3 レースカー シェイクダウン!

  
みんな大好き!日光サーキットにて、FIT3レースカーをシェイクダウン!

やっぱり、新車はイイなんてモンじゃナイですね!とても良い!!

無事に走る、止まる、曲がる!

を確認し(笑)

1500ccとは思えない加速♪

ABS、VSA(スタビリティコントロール)も全く違和感無し!

1コーナーに進入時、曲がりながらブレーキとか、ちゃんと踏めます(笑)

電スロ、ABS、って聴くだけで嫌だなー、と思っている、あなた!(わたし)

FIT3は、大丈夫です!(笑)

シビック感覚で乗れます!

パワーはあるし、

サスが良いのか、電子制御が良いのか、グイグイ曲がるし、

ABSが良いのか、ガッツリ止まります!(笑)

素晴らしい!

で、ピットに戻ると。。。 

 
日光サーキットFIT3が社長じきじきに登場!!

『俺が日光サーキットの走り方を教えてやる!』

ってコトで、追走!(笑)

いろいろ勉強させていただきましたm(_ _)m

すると、『コッチの車も乗っていいよ』ってコトで、日光サーキットFIT3をドライブ!

セッティングの方向性を確認させていただき、楽しく一日を終わる事が出来ました♪  

↑様子見の1本目で、このタイム♪

ハンドル取れるボス!

  
FIT3は5ドアなので、運転席の開口面積がそんなに広くありません。

しかも、無限ロールバーのサイドバー?がイカツイので、ハンドル取れると乗り降りし易いです。

一流メーカーのワークスベル製ラフィックス2を装着!

いわゆるハンドルスペーサーなので、ハンドルボスをショートタイプにしてカンペキです!

外したハンドルを引っ掛けるステーも作らないと!(笑)

フィット3 レースカー製作⑥

  
ナラシも終了〜ってコト、ん?涼しくなってきたから?(笑)ってコトで、遂にドンガラです!

オトコのエアコン・ヒーターレスに!

で、超カッチョ良い、無限のロールバーを装着!

仮組みして、位置決めしてから取り付けて行きます。

で、Aピラーの取り付け部分は、いわゆるフレーム部分なので、ボルト&ナットでとめられません。。。そこで、ナット付きのプレートをボディに溶接!

最近のロールバーは、取り付けも難しいですね! 

 

  

  

車高短 フィット♪

  
ここまで落とすと、純正ホイールでもカッコいい♪

車高は、またまだ下がります。車高調では(笑)

いろんな所に当たりそうですが。。。

FIT3 ボンピン取り付け補強

  

  
ボンピンの取り付け部分を、こんな感じで補強しました。

補強しないと、クタクタです。

これで、ゴムを挟んでボンネットをガッチリ閉める事が出来るようになりました♪

FIT3 レースカー製作⑤

  
お次は、機械式LSD&強化クラッチ取り付けです!

ラジエータを取らないと、作業が出来ない訳では無く、ラジエータも交換するので、外してます。すると、めちゃ広くて作業性は良好です。

ってか、ラジエータを外さないでも、最近の車の割にはエンジンルーム結構広いです。

で、今回はクスコのRSをチョイス!

   
 
クラッチは安心のEXEDYのメタル! 

   
で、ミッションを取り外すと、エンジンマウントがめっちゃユルいのに気が付いてしまいました。。。

エンジンマウントは3点しか無いので、結構硬いのを入れた方が良いと思います。

FIT3用 ロールバー届きました

  
車両にぴったりに付くロールバー。

どうやって、持って帰るんだろうと思ってたら、宅配便にて届きました。

ダンボールデカイし、劇重です。。。

ロールバーなければ、もっと速そうです。FIT3。

FIT3 レースカー製作④

  
無限、FITレース用マフラー装着です!

最近の純正は、非常に作りが良いですが、さらに良いですね。さすが無限!

低回転も求められる純正とは違い、1500ccにしては太いですね。曲がりも少なく良い感じです。

FIT3は触媒が2つありますが、第1触媒は残し、第2触媒は無くなり、ストレートになります。

レースカーも触媒付きの時代ですね!